ブログ情報 日誌

上司が上司らしくない時の苦労

最近、上司が変わりましてパート形態の上司という形の施設になりました。

ケアマネを持っていない部下(社員とパート)ですから仕方が無いのですが、施設内がうまく回っていません。

一応施設長となっているのですから、全階の把握をしなくてはいけないのに担当階以外の把握をせず、一切挨拶してこない。ご入居様にご挨拶すらない状態です。

何か問題が発生しても素知らぬ顔でうまく動けないとしても状況把握・心配するのが常識ですがそれも一切ありません。

そういう事をしているので、別の階の担当者達には不満が発生しています。

こういう不満は施設全体の雰囲気と団結力に響いていくのです。

なぜならば...

なぜ、施設全体の雰囲気と団結力なのかというと

一番上の長がしっかりしていないと、その雰囲気が伝染します。

現在は良いかもしれませんが、必ず表に出てくるでしょう。

こんな噂がでるでしょう。

「あそこの施設はひどい、預けると虐待されるんじゃないか」「全体のグループはいいけど、あの施設がダメだから、あのグループもダメなんじゃないか」「従業員の意識の低さには参った。あそこは入れない方がいい」

っという噂が広まります。

一番上の長がしっかりしていなくても上手く回るのは部下が優秀だからです。

部下も同等の人達ならすぐに出てきます。

今は良くても今後を見据えて長がいつしっかりしてくれるのか期待しています。

-ブログ情報, 日誌

© 2020 介護勤務誌 Powered by AFFINGER5