ブログ情報 就職・転職

介護業界への転職・就職

介護業界へこれから就職・転職しようと考えている方への参考になればいいかと思います。とくにこれが正解というわけではございませんのでご注意下さい。

さて、介護業界では人材不足は当たり前の様に言われていますがそれは真実です。
なぜ、人材不足になるのかというと重労働のわりに給料が安いからです。

働いている年代にも問題がありますが、若い世代ばかりならそれでも構わないかもしれませんが、年代的には30代後半が中心の職場です。

30代後半で家庭持ちが多いので生活上の問題として、給与が安い⇒生活出来ない⇒介護業界では結婚出来ない⇒辞めてしまう方が多いと言うわけです。

給与が安い問題は資格と向上心などである程度まではカバー出来ますが、一般的な社会人レベル以上(年収1200万円)を目指すなら初めから介護業界に来ない方がよいと思いますよ。

もう、2013年、2014年は就職難ではないですからね。

就職・転職する上で相手側に得する内容は?

●簡単な介助でも構わないから最低週一で誰かしらの介助を行っている、アルバイトで就いている経験が1年以上ある。

面接で受かる内容・受からない内容は?

●人対人なので物対応せずに出来る気持ち、行動をしているかどうか。

仕事に向くタイプ・向かないタイプ

●人対応で融通が利かない人が多いので、感情が短期ですぐに相手に怒る人、すぐ手が出る人はこの仕事に向きません。また、精神的に弱い方も1年以内に辞めてしまいます。精神面が強くないと仕事に耐えられません。

応募する時の勤務先の選び方

●現在住んでいる地域及び車で30分圏内の勤務先を選んで応募して下さい。
家の裏など近すぎると問題が起きる事に呼び出される要員とされてしまいます。しかし逆に遠すぎると採用されない危険性があります。
ニチイなどで資格取得を申し込む場合は、就職先がどこになるのか、今の現状はどうなっているのかを把握してから選んでください。それを怠って資格取得してしまうと、仕事先がないから諦めてくださいと言われかねません。性別も問題として取り入れておきましょう。

介護業界初めてならばなおさらです。

-ブログ情報, 就職・転職

© 2020 介護勤務誌 Powered by AFFINGER5